政策

本目さよのやさしい政策
子育て、本命。~やさしい政策~ ・子ども 子育てがしやすい社会。子どもの立場に立った社会をめざします。 保護者が笑っていて、子どもも笑っている台東区。子どもは社会で育てられていて、子育てで悲しむ人がいない。多様な子どもたちが、あるがままで生きられ、居場所が有り、遊びを通じて学ぶことができる。 政策例 ・ロタ枠心の補助 ・電動鼻吸機の補助 ・保育の量と質の拡充 ・色覚対応チョーク対応100% ・中高生の居場所づくり ・受動喫煙から守るニコチン検査の実施 ・プレイパークの実施など ・女性 女性の立場に立ち、性別にかかわらず誰もが暮らしやすい社会をめざします。 社会的な性別(ジェンダー)によって、不当にできないことがない台東区。女性ならではのライフイベントに対するフォローは手厚く、希望する人が安心して出産育児ができる。男女ともに仕事と家庭と地域を当たり前に両立できる。 政策例 ・預けたいときに預けられる保育の充実 ・不妊治療の補助 ・子連れにやさしい施設のチェックリストづくり ・性的マイノリティ支援。パートナーシップ制度の導入 ・区立幼稚園の預かり保育など ICT(開かれた区政)その他 ITなどさまざまなツールを活用し、区政の透明化、わかりやすい区政を目指します。 何度も手書きしなければならない書類などがなくなり、効率的に行政運営がされている台東区。ICTが活用され、区政の情報へわかりやすく区民の方々がアクセスでき、その情報をもとにして区政に参画できる社会。 政策例 ・区議会本会議の生中継 ・AI/RPAなどを利用した行政の効率化 ・マルチペイメントの推進 ・リノベーションまちづくりの推進 ・こども宅食などのガバメントクラウドファンディングの実施など。